このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 初心者でもなぜ簡単に始めることが出来る?不動産投資の仕組みとは

初心者でもなぜ簡単に始めることが出来る?不動産投資の仕組みとは

31view

2018.01.24

不動産投資初心者でもできる投資物件とは

不動産投資にお勧めの物件はどういった物件なのでしょうか。不動産投資初心者が、どういった物件が投資用物件として適しているのか、そういった情報をどこで収集すればいいのか、いろいろわからないことが多く、不安に思うことも多いのが当たり前です。

一言で不動産投資と言っても、どういった目的なのかで状況は変わってきます。誰しも同じ投資をするなら収入が多い方がいいと考えるのは当然のことだからです。そういった少しでも多くの収入を得たいといった願望をかなえるためにも、どの物件が初心者には向いているのでしょうか。

まず初心者に向いている不動産オーナー

ファミリー向けにはマンションが、学生にはワンルームが最適

例えば、駅に近い物件でマンションがあると仮定します。マンションであれば、ある程度の広さと部屋数が確保できていますから、ファミリー層向けに向いています。また、その物件が学校や公共施設が近ければ、さらに最適だといえます。大学があるところや、ワンルームマンションが調達できそうな場合は、主に学生さん向けに賃貸で貸し出すという方法もあります。

この2つの物件の大きな違いの特徴として、ファミリー層向けのマンションは、賃貸というよりも購入される方が多いです。ファミリー層向けマンションの場合は、販売してしまって収益を得るという方法が最適でしょうし、ワンルームの貸し出しであれば、そこに学生さんが存在する限りたとえ卒業して部屋を出ていくことになったとしても、次の借り手が見つかりやすいといえます。

借り手がいる限り、コンスタントに収入を得ることができるのが賃貸物件であり、不売却してしまう物件の場合は売却物件として位置づけられます。この2つの違いからも分かるように、自分が投資しようとしている物件の所在、環境の違いによって収益の得方が違います。つまり、事前リサーチが大切です。先にもご説明したように、大学が多い環境、通勤に便利な環境でターゲットとする層が変わってきます。

ワンルームが多いようなところで、投資用不動産としてそれを購入した場合、近くに大学などがなければ賃貸収入を得やすい物件とは言えません。また、ワンルームが多いにもかかわらず、ファミリー層に販売や賃貸でというのは難しいといえます。このように、ある程度その地域に適した物件に対して不動産投資を考える必要性があります。

しっかりとリサーチをすれば、難しい見極め方法ではありません。誰でもできますから、情報のアンテナを常に張り巡らせておく必要があります。このように不動産投資は難しいものではありませんが、情報収集と環境リサーチがカギを握っています。コツさえつかめば簡単なので、初心者にも簡単に始めることができます。

サラリーマンでも可能な不動産投資

不動産オーナーとは

先にも用語として使用しましたが、この「不動産オーナー」という言葉。テレビのCMなどでもたまに目にしますが、この不動産オーナーとして最もわかりやすい職種に、サラリーマンが挙げられます。ではなぜサラリーマンが不動産オーナーとして適しているのでしょうか。最近、サラリーマンでも可能な副業の一つとして、不動産投資を掲げる方が増加しています。

いわゆる「不動産オーナー」と言われているものを不動産投資と置き換えて解釈してもその意味にずれはありません。サラリーマンが副業で不動産投資を始めるとき、一番初めは「初心者」です。不動産業に従事しているわけでもなく、地元の名士というわけでもないのが、この場合の不動産オーナーの特徴です。

不動産投資と聞くと、難しい、お金がかかるといった印象を受ける方が多いかもしれませんが、不動産オーナーと聞くとそのような印象は持たないのではないでしょうか。ではこのようなサラリーマンでありながら不動産オーナーをしている人は、不動産投資でどのような収入を得ているのかが気になるところです。

初心者でもできる不動産投資

特に細かい知識や資格を所持していなくても始められるのがこの不動産投資なので初心者にも向いているということができます。初心者であっても、不動産所得を得る仕組みは非常に簡単なものです。部屋を貸し収入を得るか、物件を売却し収入を得るか、大きく分けてこの2つしかないからです。

この方法に資格や専門的な知識は必要ないこととは先にも述べた通りで、この収入を得るための流れさえ、しっかりと理解ができれば初心者だろうが何だろうが、簡単に収入を得ることができるのです。OLや主婦なども不動産投資を始めている人は年々増加傾向にあります。

サラリーマンが得ている不動産投資の恩恵

管理会社を利用して家賃をスムーズに回収

サラリーマンの方が始めている不動産投資で得られているものの多くは、賃貸収入です。この賃貸収入とは、わかりやすく説明すると、自分が大家となって家賃を受け取ることにより、その家賃を収入として得ることができるという仕組みです。サラリーマンというだけあって、本業は会社員として働いているのが通常なので、中には不動産投資を始めたとしても、なかなか管理が難しいと思う方もいらっしゃるでしょう。

そこでポイントとなってくるのは、そういった忙しいサラリーマンの方が実際にどういった管理方法をとっているのかです。不動産投資をして初めにぶつかる壁と言っても過言ではないのが家賃の回収です。自分で一軒一軒回って回収することも一つの方法ですが、忙しいサラリーマンには管理会社を利用するという方法が最もお勧めです。

もちろん、管理会社を利用すれば手数料を支払うことにはなりますが、自分で全員の家賃を回収するのは難しいと感じるのであれば、その負担は少しでも軽減されます。そして確実に回収することも可能ですし、万が一賃料の滞納で退去してもらうといったことを選択する場合でも、間に入ってもらうことが可能で、直接借りている人とやり取りをせずに済むのも利点です。

しっかりと滞納することなく支払ってくれる方の方が多いという環境の中であっても、稀に滞納する方が存在するのも現実としては存在します。そういったときに管理会社を利用していれば、回収できない家賃も代わりに回収してくれますし、場合によっては管理会社が立て替えてオーナーに支払ってくれるという契約もあります。

不動産投資初心者が、そういった場面に直面しても知恵を貸してくれる強い味方が管理会社です。このように、何でも一人でしようとしなくても、気軽に始めることができるのが不動産投資です。専門的な知識が足りないと感じている方の場合でも、管理会社を利用すれば非常に強い味方になってくれます。

家賃の回収やその他こまごましたことで、不動産投資に一歩踏み切れないと感じている方は、管理会社を利用することをお勧めします。不動産投資のイメージは、元手がかかる、物件がない、そういった印象を受けるのも確かで否定はできません。しかし今は、そういった方々様に銀行からの借入がしやすくなったり、返済計画が立てやすくなったりと状況が変わってきています。

今回はたまたまサラリーマンを例に挙げて不動産投資を紹介しましたが、これは初心者が始めようとした場合であっても同じ状況下に立たされる可能性があるためです。不動産投資は、一番初めに不労所得を得たいと考えた人が思いつく最も簡単な方法です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る